FC2ブログ
溢れる気品と歴史のあるすばらしいブランド まさにそれはカルティエでしょう。 憧れのカルティエが欲しいあなたへ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルティエの歴史(その1)


世界中に愛されるカルティエの歴史です(その1)

<1847年> 
師匠であったアドルフ・ピカールのアトリエをルイ・フランソワ・カルティエが譲り受け、開業となりカルティエの歴史が始まります。
<1874年> 
ルイ・フランソワ・カルティエは経営権を息子であるアルフレッドに譲ります。
<1898年> 
アルフレッドの長男ルイを共同経営者とし、共にスタートします。
<1904年> 
ルイ・フランソワ・カルティエが死去。この年はイギリス、スペイン国王の御用達店となり、長男ルイは、ブラジルの富豪飛行家であるサントス・デュモン腕時計を製作しました。
<1905年> 
ポルトガル王の御用達の店になります。
<1906年> 
3人兄弟の残りの一人であるジャックロンドン店の経営者になります。ルイはこの年、腕時計トノーを製作します。
<1907年> 
ロシア皇帝の御用達の店となり、時計技術者であるエドモントジャガーと契約します。
<1908年> 
シャム国王の御用達の店になります。
<1910年>
カルティエ&クリエーションロゴ2Cが誕生します。
<1911年>
飛行家であるサントス・デュモンに作成した、腕時計を原型に作られたサントス・デュモンが発表されます。
<1912年>
腕時計ベニュアール発表し、世界で初めてダイヤモンドのバケットカットを製作します。
バゲットはフランス語で棒を意味します。ダイヤで用いられる段状のカットは長方形の宝石でルイ・フランソワ・カルティエが創出しました。
<1913年>
セルビア国王の御用達の店となり、ミステリークロック第一号が作成されました。
<1914年>
オルレアン公の御用達の店となり、パンテールデザインが発表されます。
<1917年>
腕時計タンクが発表されました。
<1919年>
ベルギー国王の御用達の店になります。
<1921年>
英皇太子エドワード8世の御用達の店となり、腕時計タンクサントレが発表されました。
<1922年>
腕時計タンクシノワタンクアロンジェが発表されました。
<1928年>
腕時計タンクアギシェが発表されました。この腕時計は小窓で時間を見るデザインです。
<1929年>
エジプト国王の御用達の店になります。
<1932年>
腕時計タンクバスキュラントが発表されました。
<1936年>
腕時計タンクアシンメトリックが発表されました。
<1939年>
アルバニア国王の御用達の店になります。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © カルティエが欲しいっ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。