FC2ブログ
溢れる気品と歴史のあるすばらしいブランド まさにそれはカルティエでしょう。 憧れのカルティエが欲しいあなたへ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルティエの歴史(その2)


世界中に愛されるカルティエの歴史です(その2)


<1945年>
ピエール・カルティエカルティエ・ニューヨークカルティエ・パリの社長に就任します。
<1965年>
ピエール・カルティエが死去します。
<1967年>
ベニュアールクラッシュウォッチが発表されました。
<1968年>
カルティエ・ブランド初の収納式ローラー、オーバル型高級ライターが誕生します。
<1970年>
カルティエが香港にオープンします。
<1971年>
カルティエ・ミュンヘンがオープンします。
<1972年>
カルティエ・パリの社長にロベール・オックが就任します。
<1974年>
ボルドーシリーズである皮革製品が発表され、カルティエ東京店(レ・マスト・ドゥ・カルティエ)がOPENしました。
<1976年>
ヴェルメイユ腕時計が発表されました。
<1978年>
カルティエのスカーフコレクションが発表されました。
<1981年>
カルティエの香水マストサントスが発表されました。
<1983年>
腕時計パンテールが発表され、アイウェアマストVLCも同時に発表されます。
<1985年>
防水腕時計にヒントをえたパシャが発表されました。
<1986年>
腕時計マスト21ヴァンテアンが発表されました。
<1987年>
メゾンドゥカルティエが発表されました。これはテーブルウエアのコレクションです。
<1988年>
紳士用アクセサリーのコレクションが発表されました。パーソナルラインです。
<1989年>
腕時計タンクアメリカンが発表されました。
<1990年>
ハンドバックパンテールが発表されました。
<1991年>
腕時計ディアボロが発表され、パンテール万年筆とジュエリーコレクションである、インドギャランも同時に発表されました。
<1992年>
腕時計ベニュアールコンビモデルカスクドールベルエポックミニパンテールが発表され、香水パシャも同時に発表されました。
<1993年>
腕時計クロノリフレックスムーブメントのクーガーパシャディアボロが発表され、マスト・ウォッチエリプスリングを創作。そしてパステル調のクロコダイルミニ・パンテール・ドゥ・カルティエ・バッグを発表しました。
<1994年>
ジュエリーコレクションのゴールドチャームナチュラが発表されます。
サントス・デュモン・ウォッチ90周年を記念して、限定版である、ピンクゴールドとプラチナを使用したサントス・デュモンを製作します。男性用レザーグッズコレクションではゴールド・オン・ブラックを発表しました。
<1996年>
腕時計のニューコレクション、パシャCパシャタンクフランセーズを発表します。
<1997年>
ハッピーバースディドゥカルティエのコレクションが発表されます。腕時計トリニティータンクリングも同時に発表されました。
<1998年> 
腕時計サントスガルベが発表されます。
<1999年> 
腕時計パンテールリュバンコレクションプリヴェパリが発表されました。
<2000年> 
復活限定モデル、腕時計タンクバスキュラントが発表されました。
<2005年> 
カルティエ南青ブティックがオープンします。
日本国内では32店舗目となり、外観はダイヤモンドを連想させ、ブルーノ・モワナーがデザインしました。

カルティエの歴史の奥深さがよくわかると思います。
歴史あるすばらしいブランドだと改めて感心させられますね。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © カルティエが欲しいっ. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。